Dive !

ダイビングの免許を取るには

ダイビングの免許を取るには

ダイビングを安全に楽しむためには、スキルと知識が必要です。
そのために、講習を受け、免許を取る必要があります。
ダイビングのライセンス発行団体(=ダイビング指導団体)はたくさんありますが、世界で通用する団体の免許を取得した方がいいでしょう。
有名なところでは、PADIやNAUIが挙げられます。
世界のダイバーの6割以上が、PADIで免許を取得しています。
次にライセンスの種類ですが、一般的には「オープンウォーターダイバー」が最初に取得するコースです。
こちらを取得すると、18mまで潜ることができ、またインストラクターを付けずにダイビングを楽しむことが可能となります。
講習の内容は、学科講習、プール講習、そして海洋(オープンウォーター)講習です。
学科では器材の選び方、水中での適応、環境についてなど必要なことを幅広く学び、プール講習では実際の器材の扱い方、基本テクニック、万一のときの対処法などを実践で学びます。そして実際に海に潜ります。マスクの脱着なども行います。講習期間は3日以上です。
講習を受けるためにはショップに申し込みをします。
ショップによって講習内容や期間・料金は様々です。
「安い」「速い」ではなく、今後安全に楽しむことができるよう、事前に行ってみるか電話で問い合わせをしたり、アフターフォローがしっかりしているなど、信頼できるショップを選びましょう。

初めての場所でダイビングを行う際に必要なガイド

初めての場所でダイビングを行う際に必要なガイド 夏になると、海に行ってマリンスポーツを楽しむ人が多くなります、その中でもダイビングは日常では得られない感動を味合うことができるため、毎年多くの人が挑戦しているスポーツです。
しかし、初心者の人が行う際には必ず講習を受け、ガイドを付けてから海に出る必要があります。
それは海では予期せぬことが起こりやすく、特に慣れない初心者の場合には事故に繋がることも多いことから、彼らの指示に従ってダイビングを行う必要があるためです。
また、上級者の場合にも初めての場所でダイビングを行う際はガイドを付ける方が安全であるとされています。
それは、海は地域や季節によって波や海中の状態が大きく変化するため、慣れてない場所の場合には、いくら上級者であっても事故に巻き込まれる可能性があるためです。
そのため、その海に慣れた専門のガイドと同行して海に潜ることで、リスクを回避することができるため、初心者に限らず上級者の場合にも、慣れない場所でのダイビングにはガイドが必要であるとされています。

Copyrignt(c) 2016 Dive! All Rights Reserved.